不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。
また、周囲の期待感や気遣い、時間的制約による焦りが不妊治療中のストレスとなることもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。
穏やかな気持ちで治療を続けることは大事かもしれません。
皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ません。
それというのも、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。
この話は当然、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。
実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。
ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を注意してください。
妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、ご家庭での普段通りの食事に加え、十分な葉酸の摂取が正式に厚生労働省が推奨しています。
葉酸を十分に摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。
ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが心掛けたいですね。
赤ちゃんを授かっている時はもちろん、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、普段の生活を送っていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが出てくる方が多いです。
そんな不安を解消してくれるのが葉酸サプリを飲む事なんです。
サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、仮に食事での摂取が不十分だとしても大丈夫なんですよね。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須です。
では、妊娠後期の妊婦には葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。
赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意する期間ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。
ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。
すると、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。
ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。
こうした動画を活用すれば、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く息が上がる程度の運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。
体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。
タイミングを見計らって努力しても、ぜんぜん妊娠できなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦ったり悲しかったりでした。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤の処方を受けると、早々に妊娠が発覚しました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも多いと思います。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため熱を加えてしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りないという事もあるので、注意が必要です。
妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。
摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。
とはいえ、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。
葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてください。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。
それが葉酸の摂取です。
不妊などの原因は女性の問題ばかりでなく、男性側の問題だというケースもあります。
中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。
参考:妊婦さんは葉酸をいつまで使用可能?