一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。
気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。
人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>ホワイトニング 効果 歯磨き粉