妊活をしている方

妊活を行う場合、意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。
妊活をしている方ならば、いつでも妊娠する可能性があるわけです。
妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。
妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。
妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から赤ちゃんを授かっているのです。
受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。
葉酸は赤ちゃんが元気に育つために重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。
実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。
そのため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると言われているそうです。
こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。
一人目に男の子を産んでいたので、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分け法を実践しました。
無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が判明する時までは緊張しましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。
基礎体温はつけていたんですけど、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。
でも、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦ったり悲しかったりでした。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、二周期ほどで妊娠できました。
病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。
もっと早く来たかったですね。
妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。
幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリを飲むことも間違いではありません。
サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、食事では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できるという訳ですね。
赤ちゃんを授かったという事で病院が行う栄養指導や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。
多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。
葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。
あるいは、野菜も代表の一つですね。
実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。
葉酸は熱に弱く溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、食材を調理するようにしましょう。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といったいわゆる青菜のものが多いです。
赤ちゃんを授かったあと、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。
葉酸の適切な摂取はお腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があります。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。
納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をオススメしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
妊娠しやすい体を作る食べ物は、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。
妊娠に必須の栄養が多いので、摂取が推奨されます。
また、栄養バランス良く一つの食品群に偏らないことが理想的です。
その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが無難です。
妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の摂取を心がけてください。
なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。
妊活中の女性以外にも、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。
健康的な精子の増加を助けてくれるんですね。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事をすすめてみてください。
妊娠が発覚した後、ご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。
ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。
葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題はありません。
とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。
葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、葉酸の摂取を続けることで身体を健康的に保つことをおススメします。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>葉酸 妊活におすすめなのは葉酸とカルシウム