メジャーになってきたインプラント

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが良いと言えます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は歯科医院ごとに大きく異なります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることもほとんどありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。
続きはこちら⇒高い効果のホワイトニングジェルを使っている